読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Best effort JavaScript

×article ○weblog

仕事で使う以外の技術領域をどうやって身につけるのか?

聞きかじった技術が増えるだけで何も技術が身に付かない事に悩んでいる

言語フレームワークミドルウェアツールサービスも、

モバイルフロントエンドサーバサイド
データベースインフラネットワークデータ分析も、

機械学習Iotといった新しい取り組みのムーブメントもどんどん出て来る!学びたい!

一方でTCP/IPコンピュータの基本構造数学など技術の根幹となる部分もじっくり学びたい...

はてなブックマークTwitterで、いろいろな 事柄に興味を持つのは良いのだけど、
斜め読みしてブクマして終わり。
技術系の記事をたくさんシェアしていて、パッと見技術に熱心に見えるが1割もスキルとして体に留まってはいない。

時間の経過と共に聞きかじった技術身についた技術にどんどん開きが出てくる。

自分の場合、技術はやった事しか身につかない
本や記事を読んで多少の理解は得られるけども、
実際に手を動かして、ものを作り上げる事でしか技術を身につける方法は無い。

であるならば、実際に手を動かせる環境が必要だ

スキルが高い人の話で、
自発的 or 皆がなんとなく感じている不便などを基にコンセプトを決めて、
好きな技術スタックでその小さなプロダクトを実装して会社内で好評となる...

といった流れで仕事をしながら新しい技術にトライし、
業務内にそれを取り込んで行く上昇スパイラルの渦中と思われるエントリ(○○で○○を実装してみたetc...)
を見ることがたまにあるけど、スキルの低い人には難しい。

帰宅後と、週末の時間

会社員としての評価と、エンジニアとしての向上心

こんなものを作りたいから、このスキルが必要だ。

こんなスキルを身につけたいから、ああいったものを作って見よう。