読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Best effort JavaScript

×article ○weblog

日記: git-pr-releaseの使い方を覚えた

diary devtools

git-pr-releaseのすすめで紹介されていたgit-pr-releaseというツールに興味を持ったので、
デモンストレーション用にgithubブランチを作成して使い方を学んでみた。

ブログ記事やrepositoryにはインスール方法や実行方法について具体的に書かれていなかったので、

$ gem install git-pr-release

でインスールするgemパッケージであるという事を理解するところからスタート。
このツールは以下の3つのbranchで開発進める場合に使用できる。

  • deploy用branch(master)
  • 開発branch(staging)
  • 機能実装branch(develop)

複数の機能実装branchを開発branchにマージし、QAしてからdeploy環境にmergeするやや大きめの開発スタイルを想定したツール
個人開発では機能追加をmasterにそのままpushしたり、
github-flowのように機能実装branchを直接masterにmergeする事が多いかもしれないけど、
開発スタート~v1.0リリースまでの期間はどのプロダクトにもこのツールとフローがフィットすると思った。

ツールの実行はプロジェクトディレクトリ下でコマンドを叩く。

$ git-pr-release //実行

$ git-pr-release --dry-run //ドライラン

するとstaging→masterへのPullRequestが作成される。
コメント欄にこれまでmergeされた機能実装branchのPullRequestの一覧がcheckbox付きで表示されるので、
機能追加を漏れなくチェック出来るという代物。

これを使わなくても手動で簡単にmergeコミットを抽出して変更内容を取得出来ますが、
エンジニア以外もチェックする場合はとても便利だと思います。

アーキテクチャ

node.js

プログラミング

環境構築

エラー周り